第15回行橋~別府100キロウォーク何とか完歩達成のご報告

2013年10月12日から13日にかけて、第15回行橋~別府100キロウォークの一大イベントに参加してきました。

命からがらの完歩?

今年は、去年に引き続き2回目の参加とあって、事前の準備には念を入れたつもりでしたが、直前の1週間で慌てて靴を買ったり、CWXなる高機能タイツを思いつきで買ったり等の無計画性を発揮しちゃいまして、色々と反省は多いです。

しかし、まあ、とりあえず、またまた時間ギリギリではあったものの、今年も一応時間内に完歩することが出来ましたので、感謝のご報告です。

PA130530_101513_091022_PM

今年は、時間ギリギリで大慌てして昨年の轍を踏まない様に、歩行計画をしっかり立て、1時間の余裕を持ってゴールを目指しはしましたが、結局は、去年の25時間47分19秒より、6分半程早い25時間40分56秒という記録で幕を閉じちゃいました。

ちなみに、昨年の実績と、今年の歩行計画は、こちらをご参照下さい。

「行橋~別府100キロウォーク」制限時間内完歩に向けての歩行計画表作成 | ふーたらのページ (GALAXY S4やAndroidやドコモとiPad miniもね)

スポンサードリンク

体の負担は少なめでした

ただ、今年は去年とは違い、ペースを落とし、休憩時間を減らしてのんびりと歩いて、体の負担を減らそうということをテーマにしていました。そういう意味では、現時点での後遺症等は去年よりは全然少なくなっているので、まあ、当初の目標は達成ってことでしょうね。

今現在は、ここで記録に挑戦することにもあんまり意味を見つけられそうにはないですし、もう二度とあんな辛い思いはしたくないってのが本音です。

感謝しかありません

それにしても、道中で私達をサポートして下さった、スタッフやボランティアの方々、それから沿道から声援を下さった方々、なによりも、皆さんのお陰で過酷な道程もなんとか耐えることが出来ました。感謝の気持ちで一杯です。

これほど、達成感と感動が同時に得られることなんて、100キロウォークならではの醍醐味です。

今回は、とりあえず完歩のご報告ということで、詳細のレポートは、おいおいってことで。

では、よいウォーキングライフを!