ドコモの新料金プランは寂しい独身者でもおトクなのか?ちょっと、考えてみた

はじめに

かなり放置気味のこのブログですが、一応のドコモユーザとしては、ちょっぴり大きめのニュースの新料金プランの発表。

巷では、単身者にはあんまりメリットがないなんて声もチラホラ。

そこで、世の中の「さみし~い」お一人様のドコモユーザのために、どんな場合がおトクなのか検討してみることにしました。

image

現行のプランだと

まずは、何事も現状分析ってことで、今の料金プランを確認することからはじめましょう。

ここに、40代後半、未婚(鋭意婚活中!)、肥満、高血圧症のドコモユーザをサンプルとして見ていきましょう。

ドコモ支払分

No. 内訳 金額
1 基本使用料(タイプXiにねん(10年超)) 743
2 パケット定額料(Xiパケ・ホーダイ ライト) 4,700
3 付加機能使用料(iモード/SPモード) 300
4 Xiカケ・ホーダイ定額料 667
5 ユニバーサルサービス料 3
6 通話料 232
7 消費税 523
  合計 7,177

 

050Plus分

No. 内訳 金額
1 基本料金 324
2 通話料 216
  合計 540

 

楽天電話分

No. 内訳 金額
1 通話料 420
  合計 420

 

合算すると

と、言うことで、3社合算で4月分の携帯電話料金は、総額8,137円かかりました。

スポンサードリンク

新プランに変更すると

上記の4月分の料金を踏まえて、ドコモの発表した新プランに置き換えて見ましょう。

ドコモ支払分

No. 内訳 金額
1 基本使用料(カケホーダイプラン(定期契約あり)) 2,700
2 パケット定額料(データSパック(2GB)) 3,500
3 ずっとドコモ割(15年以上) -600
4 付加機能使用料(iモード/SPモード) 300
5 ユニバーサルサービス料 3
7 消費税 472
  合計 6,375

 

えっ!ってことで、もし新プランに変更したら、国内通話料無料ってことなので、050Plusと楽天電話は使用しないってことで、ドコモ分だけで6,375円。

ちなみに、新プランに変更した場合の表には、通話料は入れていませんが、厳密にいうとショートメッセージサービス(SMS)は対象外なので、若干はプラスと考えてもいいでしょう。

まとめ(結果)

で、ここでこれまでの能書きをまとめてみると、

現行プラン「8,137円」 – 新プラン「6,375円」 = おトク分「1,762円」

ってことになります。

月々「1,761円」が安くなると考えると、新プランへの移行は必須な感じです。

一応、これでも050Plusを使ったり、楽天電話を使ったり、最近はLINE電話を使ったりして、ケチってきたサンプルでも、これだけおトクなんで、ケチってなければ、もっともっとおトクな感じです。

通話が少ないか、全てDOCOMOとの通話で、後はドコモに移って日が経ってなく「ずっとドコモ割」が効かない場合などは、おトク分は少なくなるでしょう。

まあ、とりあえずはシンプルになった価格体系はヨシとしましょう。

って、ことで、本日5月15日から予約も始まったことですし、さっそくインターネットで予約をすることにしましょう。

これで、一時ドコモから離れられなくなりそうです。

それから、とりあえず私の持てる浅知恵を絞って考えたつもりですが、間違えや不明な点等ございましたら、ご遠慮なくご連絡下さい。

それでは、よいスマホライフを!