V8!V8! マッドマックス 怒りのデス・ロード リバイバル上映決定!

What a lovely day!

「第88回アカデミー賞」の作品賞を含む10部門にノミネートされたあの話題作、ジョージ・ミラー監督の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、なんと、全国85ヶ所でリバイバル上映決定です。

北九州がアツい?

地元北九州では、2016年2月13日(土曜日)から2016年2月26日(金曜日)までの2週間、イオンシネマ戸畑と小倉コロナシネマワールドの2館でのリバイバル上映が決定しています。

さらに、小倉コロナシネマワールドでは2016年3月5日(土曜日)から2016年3月24日(木曜日)までの約3週間、4DX3D字幕版のリバイバル上映が予定されています。

ちなみに、イオンシネマ戸畑と小倉コロナシネマワールドの距離は約4km程度の至近距離、この距離の中で、なんとイオンシネマ戸畑では2D字幕版が1日4回、小倉コロナシネマワールドでは3D字幕版が1日2回の計6回。どっぷりと、イモータン・ジョー先生のお説教に浸れます。

DSC_0009_021116_104819_PM

2D字幕版がオススメ!

お勧めは、イオンシネマ戸畑です。イオンシネマ戸畑では、あのルーカスフィルム認定の音響システムTHXでの上映で、しかも、しかも特別料金1,100円!

10:30、13:00、15:30の回と連続見て、イオンで食事休憩をとって、さらに20:45の最後の回を見て1日4回、どっぷりマッドマックス漬けになっても、なんと4,400円です。

マッドマックスは、映像の情報量がかなり多いので、2D版の方が何度も見る方には疲れなくてオススメです。

私は、劇場ではIMAX3D字幕版からはじまり、2D字幕版、3D字幕版、3D吹替版、そして4DX3D字幕版と様々なフォーマットで見てきましたが、2D版がじっくり見るのには一番いいと思います。

スポンサードリンク

奇跡が起きた!

昨年の10月の小倉コロナシネマワールドの4DX版のリバイバル上映の時の出来事です。

10月3日(土曜日)の18;20の回、満員の観客がエンドロールが終了して劇場が明るくなるまで、誰一人として動こうとはしなかったということがありました。エンドロール終了までが映画だと思っている私にとっては、最高の光景でした。

ちなみに、翌日の日曜日の同じ回も見に行きましたが、その回ではエンドロール終了前にバンバン退場していってましたので、その土曜日の18;20の回が神回だと言ってもいいと思います。

残念なこと

ただ、残念なこととして、この映画がR15指定なのと、私の周囲ではマッドマックスを見ている方が少ないってことが残念です。

是非、このブログを見た方で、お近くの方がいましたら、アツく語りたいと思っています。

もし、まだ見ていない方は、予めこちらで予習してから劇場に足を運ぶのもいいかも?

いっそのこと、各都市にいつでも見ることができる常設シアターが出来ないかと思っています。
では、「What a lovely day!」ってことで。