Windows7で更新プログラムをインストールせずにシャットダウンする方法

さあ、仕事が終わって、電車の時刻を確認して、PCをシャットダウンして帰ろうかと無意識にWindowsをシャットダウンしてしまったら、更新プログラムが延々と処理されて、結局、電車を乗り過ごしてしまった。なんて経験は誰しもあるかと。

今回のお題は、そんな場合に更新プログラムをインストールせずに、シャットダウンする方法です。

どんな状態?

問題の状態とは、更新プログラムが利用できる状態の場合に発生します。

見た目としては、Windowsのスタートメニューのシャットダウンの項目の横に盾のビックリマークのアイコンが付いているときです。

無題クリップ_060116_120852_PM

このまま、「シャットダウン」ボタンをクリックすると、更新プログラムが実行たあとで、シャットダウンされます。

言い換えると、更新プログラムが完了するまで、シャットダウンがされないってことです。

対処方法

対処としては、更新プログラムを実行させずに、シャットダウンすると言うことです。

その方法は、

  1. Windowsのデスクトップの何もないところを、クリックします。
  2. 「Alt」ボタンと「F4」ボタンを同時に押します。
  3. 表示されたダイアログボックスのプルダウンで、「シャットダウン」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
スポンサードリンク

と、なります。

ちなみに、3.で表示されるダイアログボックスは、こんな感じです。

無題クリップ_060616_085035_PM

くれぐれも、プルダウンで「更新プログラムをインストールしてシャットダウン」を選択しないようにして下さい。

最後に

以上で、無事に更新プログラムを回避して、シャットダウンすることが出来ます。

但し、更新プログラムは回避してばかりだと、セキュリティ的に問題があったりしますので、なるべく早めに更新プログラムを実行するようにしましょう。

では、よいWindows生活を!