Windows XP Modeのバックアップについて
今回は、Windows関連の話し。

古いソフト(例えばIE6とか)、お試し版のソフトとか、メインの環境にインストール出来なかったり、したくなかったりってものの為に、「Windows XP Mode」の利用をしてます。

この「Windows XP Mode」ですが、
・Windows 7 Professional
・Windows 7 Enterprise
・Windows 7 Ultimate
で、利用可能です。

で、気が進まないソフトのインストールの直前に、バックアップを取って、いやんなったらリカバリってことしたいと思いませんか?
そんな時には、らくらくにバックアップ出来ます。

やり方の説明です。

まずは、バックアップから。

PCのCドライブから
「C:\Users\(あなたのユーザ名)\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン」というフォルダを見ると「Windows XP Mode.vhd」みたいなファイルがあります。
ちなみに、「AppData」フォルダ以下のフォルダは、隠しファイルになっているので隠しファイルを見せるように設定は変更して下さい。

で、後は「Windows XP Mode.vhd」のファイルをよそに保管するだけで、バックアップは完了します。

次にリストアは、「Windows XP Mode」のインストールされている環境で、ファイルを書き戻して起動するだけです。但し、その時にWindows XP Modeが必ず「電源切断」で状態であること。ちなみに、「休止」状態のままだとおかしくなる見たいです。

これで、安心して怪しげなソフトもインストール出来ます。
自己責任でね。