ロケットネットからシックスコア(SixCore)へWordPressごと、ブログを移転する方法をまとめてみました

前のブログで書いたように、ついに、サーバ移転を決行しました。

ついに、サーバをロケットネットからシックスコア(SixCore)に移転しました | ふーたらのページ WordPressやAndroidやドコモとiPad miniもね

方法は、色んな方のブログに既に書かれていますが、その多くがロリポップからの移行みたい。ちなみに、私のお世話になっている(た)ロケットネットも、ロリポップ同様(?)、一応GMO関連企業なんですが、イマイチ情報が少ない状態です。

そうは言っても、元のサーバがどこであろうと、バックアップ部分が少々と、ネームサーバの設定の部分が違うだけ(のはず)なので、他の諸先輩方のブログを参考にしつつ、とは言うものの、シックスコア(SixCore)の公式ページのマニュアルが、かなり分かりやすいので、そのマニュアルに則って作業を進めてみましょう。

スポンサードリンク

今回は、ドメインは移転せずにサーバのみの移転ですので、「他社からの乗り換えについて > サーバーを移転したい」を参考にしています。

まずは、簡単な作業の流れです。

  1. サーバーのお申し込み — シックスコアでサーバーのお申し込みをします。
  2. ドメインの設定 — 他社で管理しているドメインをシックスコアに設定します。
  3. MySQLの設定 — インポート前のデータベースやユーザの作成です。
  4. サイトデータのアップロード — シックスコアにサイトデータをアップロードします。
  5. ネームサーバーを切り替える前のデータ確認 — アップロードしたサイトデータを確認します。
  6. メールアカウントの設定 — シックスコアでメールアカウントを設定します。
  7. ネームサーバーの変更 — 他社で管理しているドメインのネームサーバーをシックスコアに設定します。

まあ、サクッと行きそうな感じです。(やる前は、こんな感じでした…。)

1. サーバーのお申し込み

実は、サーバの申込の前に、シックスコア(SixCore)に会員登録をする必要があります。会員登録をした上で、レンタルサーバの申し込みをします。

ちなみに、他の方のブログにも書かれているように、二週間無料お試しを行うためには、支払い方法にクレジットカードを選択してはいけないということに、注意です。私は、とりあえずコンビニ払い(ローソン)を選びました。

こっから、サーバの設定が開始されます。シックスコア(SixCore)によると48時間以内に設定が完了するとのことでしたが、私の場合は19時半頃に申込をして、少し油断してらその日の22時位に完了の報告が来ていました。3時間弱ってことで、ちょっとしたプチサプライズは、ウレシイです。

2. ドメインの設定

サーバの設定が完了したら、いよいよドメインの設定です。

スクリーンショット_030713_114650_AM

「メンバー管理ツール」画面で、「サーバ」→「アカウント」をクリックし、画面左側に表示された「サーバ管理ツール」をクリックして、「サーバ管理ツール」を起動します。

スクリーンショット_030713_121750_PM

ドメイン追加の際には、該当ドメインが所有者・もしくは管理者であることを確認するため、認証作業があります。認証方法は「Whois認証・Web認証・メール認証・CNAME認証」の中から選択で、私はメール認証を選びました。

下の画面の「メール認証」の部分に「ドメイン名」を入力して、どのアドレスへメールを送信するかを決定して、「認証メール送信」します。

スクリーンショット_030713_123103_PM

上の画面で指定したアドレスに受信したメールに書いている「認証ID」を下の画面の「ドメイン追加」部分の「メール認証」の所に入力して「確認画面」をクリックします。

スクリーンショット_030713_122709_PM

「確認画面」で確認後、ドメイン追加完了画面で、FTP情報等が表示されますの、控えておきましょう。

3. MySQLの設定

次は、MySQLの設定です。以前のサーバ上のデータをインポートする器の作成ですので、以前と同じ「UTF-8」で作成します。

スクリーンショット_030713_015247_PM

ここで、「データベース名」を決定するんですが、データベース名の前半は、サーバ設定の時に指定した「サーバID」が必ず付与され、「(サーバID)_(好きな名前)」と言う感じで決定する必要があります。

次に「MySQLユーザ設定」で、「MySQLユーザー」追加を行います。

スクリーンショット_030713_015950_PM

ここで、追加するユーザー名も、「(サーバID)_(好きな名前)」と言う感じで、頭に付くサーバIDは必須のようです。この制約、なんか面倒な予感

スクリーンショット_030813_124738_AM

つづけて、アクセス権の設定ですが、上の図のように、一覧で先程追加したユーザを権限設定ユーザに追加して、作業は完了です。

4. サイトデータのアップロード

さて、ここからが苦戦のし始めでした。

まずは、予めダウンロードしていたWordPressディレクトリ以下のファイルをディレクトリごと、新しいシックスコア(SixCore)のサーバへアップロードします。FTPの接続先やユーザ、パスワード等は、事前の設定完了メールに従います。

ファイルのアップロードが完了したら、次はデータベースのインポートです。

ここで、問題なのはインポートするファイルが最長30,720KiBってな制約のことです。

スクリーンショット_030813_094459_PM

ちなみに、私のダウンロードしたファイルは解凍すると148,139KBもあります。今現在、たかだか記事数140弱程度のチンケなブログなのに、これではインポートできません。

色々と調べてみましたが、他のかなりスゴ腕のブロガーの方々は、ここはほぼ問題なくスルーしており、有用な情報はなかなか掴めませんでした。なんで、このチンケなブログ程度でアウトなのか、という反省は別の機会にしておきます。

そんなこんなで、とりあえずインポート対象のファイルを解凍して、中身を見てみることに。すると、単純なSQL(Insert文)の羅列。ってことは、単純に分割して流せばいいってことのようです。

とりあえず、1ファイルの大きさが30MBを切るように解凍したインポートファイルを6分割して、ちまちまインポート作業を6回繰り返して、やっとこさインポートが完了しました。

スクリーンショット_030813_095837_PM

って、書くとあっさりしてますが、148,139KBのSQL文ともなると、行数にして約60万行(正確には589,591行)。愛用の秀丸エディタの編集可能な最大行数を10万行から100万行に変更して、臨んだ次第です。

後から考えたら、事前にデータベースの中身を整理して、テーブル毎や行数分割してエクスポートした方が良かったかも?

そんなこんなで、この部分だけで、かなりの時間ロスですが、最大の難関はクリアってことで。

移動完了後、wp-config.phpファイルをFTPでダウンロードしてきて、以下のように、MySQLの設定部分をちょちょっと変更しておきましょう。

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'xxxxxxxxxx');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'xxxxxxxxxx');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'xxxxxxxxxx');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'xxxxxxxxxx');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

5. ネームサーバーを切り替える前のデータ確認

さて、いよいよ新しい船出。って、ことでブログの表示などを確認すると…。

こんな有様。

スクリーンショット_030813_101036_PM

ヘッダーの自慢(?)のタイトルイラストが表示されていません。

スクリーンショット_030813_101138_PM

さらに、スクリーンショットを貼り付けた画面も表示してない状態。

ちょっと、調べるとWordPressのファイルを旧サーバからシックスコア(SixCore)に移動したときに、ちょっとしたイタズラ心で、ディレクトリを変更したことが、原因だと判明。

元の画像を置いてあったディレクトリが「…/wordpress/wp-content/uploads/…」で、イタズラ心で変えたディレクトリが「…/fu-tara/wp-content/uploads/…」。

ってことは、問題は画像だけじゃないってことは、ウスウス理解出来ます。

サクッと、MySQLの中身を覗いてみると、wp_optionsとwp_posts等に「…/wordpress/wp-content/uploads/…」の情報が入っているようでした。

とりあえず、wp_optionsは881行程度なので、サクッとUpdate文を流して作業完了。wp_postsは記事関連なので…ということで、以前に下の記事で見た「Search Regex」というプラグインを使ってみたくなっちゃいました。

脱初心者を目指す私が今使うWordPressプラグイン32個+停止した12個 : りくまろぐ

「Search Regex」のブラグインの事は、またの機会に書くとして。

スクリーンショット_030813_103432_PM

ここはあっさり、こんなイメージで対象箇所を見つけて、やっつけちゃいました。

6. メールアカウントの設定

続いて、メールアカウントの設定ですが、まだ試用中の身なもんで、メールアカウントは作れない見たいです。

残念。

7. ネームサーバーの変更

いよいよ、最後の仕上げのネームサーバの変更です。

スクリーンショット_030813_104031_PM

ロケットネット操縦席で、対象となるドメインを選択して、「ネームサーバー」タブを開いて、予めシックスコア(SixCore)から送られてきたネームサーバの情報を設定します。

8. 作業完了

これで、やっと移行作業が全て完了しました。

思ったより、かなり大変でしたが、期待のシックスコア(SixCore)サーバです。
インフラに負けないような記事を書きたいと、心機一転と行きたいところです。