「Xiパケ・ホーダイ」と「Xiカケ・ホーダイ」がiPhoneの方が断然安いってどういうこと?

話題沸騰中ですが。

巷で話題沸騰中の、ドコモのiPhoneですが、前回、コチラの記事でも書いた通り、おサイフケータイとドライブネットの要素素を見つつ、今回はスルーの予定です。

スマホナビは、やっぱドコモの「ドライブネット」やね。と改めて思う件 | ふーたらのページ (GALAXY S4やAndroidやドコモとiPad miniもね)

って言うのは、ちょっぴりウソで、本当は、今の「GALAXY S4」と、その前の「MEDIAS LTE N-04D」の残債がまだまだ残っているからっての本当の理由だったりしてます。

その割には、ドコモや他キャリアのiPhoneの動向が気になったりしてます。

その中で、ドコモのiPhone向けのキャンペーン情報見てて、腑に落ちないモノを感じたので、吐き出して見たいと思います。

ん~?

確かに他キャリアとの比較の中で、iPhoneユーザを優位に獲得したいってのは分かりますが、Androidユーザを蔑ろにして欲しくはないものです。

スクリーンショット_091313_112322_PM

で、そう思わざる得ないのが、下の2点。

  • 「Xiパケ・ホーダイ for iPhone」が5,460円/月(7GB制約有り)
  • 「Xiカケ・ホーダイ」が最大1年間350円
    ちなみに、Androidのスマホだと、「Xiパケ・ホーダイ」が5,985円/月(7GB制約有り)で、「Xiカケ・ホーダイ」が700円。

    仮に、2年間使ったとして、ザッと計算すると「Xiパケ・ホーダイ」の差額が525円/月×24ヶ月で12,600円。「Xiカケ・ホーダイ」の差額が350円/月×12ヶ月で4,200円。

    で、合計16,800円の差。すき家の牛丼並盛り(280円)換算で、なんと60杯。この差は、大きい気がしますよ。ただ、唯一の救いとして、Androidには、「Xiパケ・ホーダイ ライト」が4,935円/月(3GB制約有り)ってのがあるって事でしょうね。

    まだ様子見かな?

    まだ、iPhone本体の価格が明記されていないので、若干情報不足ですが、これからもドコモとiPhoneの動向からは目が離せません。

    と言うことで、また気になる情報が有り次第、アップする予定です。

    では、良いドコモライフを!