ブログの写真は、だいたいNikonのD3000という、一眼レフで撮っています。

最近、スマホ等で写真を撮ったら、クラウド経由でPC等に同期出来る便利さに慣れちゃっています。

でも、D3000の場合だと、写真を撮ったら、USBでPCに接続し「Nikon Transfer」経由でPCに取り込んで、「ViewNX」で「RAW」ファイルから「JPEG」ファイルに変換する。っていうのが、かなり面倒なんです。

そこで、「Eye-Fi」カードを導入して、便利にしましょう。

色々種類がありますが、「RAW」ファイルをアップロード出来ることと、容量の大きさで、「Eye-Fi Pro X2 16GB プロ X2 16GB」。

まずは、購入して、D3000で撮った写真を、最近お気に入りのAndroid4.0の10インチタブレットの「Acer ICONIA TAB A200」でソク見られるように設定してみましょう。

商品は、Amazonに発注しました。こちら「Amazonの当日配送に感激!」に書いたように、商品は当時に到着しました(受け取りは、翌日でしたが…)。

早速、到着した商品ですが、意外にカッチョイイパッケージです。

DSC_0011

開封は、パッケージ下部のシールを剥がして、中箱を下に引っ張り出します。

DSC_0017

引っ張り出すと、こんな感じです。 中箱に、まずはリーダーでPCに繋ぐような説明が書いています。

DSC_0021

中箱は、こんな感じ。分かりやすくて、カッチョイイです。

DSC_0024

写真の右下部分には、ステッカーがあります。

DSC_0027

これが、中身の全てです。

DSC_0028

Wi-Fiカードリーダーをレッツノート「CF-S10」に接続しました。

DSC_0034

カードリーダーを接続した後で、カードの中の「START HERE」の下の「Windows」の下の「Setup.exe」を起動します。

SnapCrab_Windows_2012-12-8_9-56-26_No-00

起動後は、指示に従ってインストールします。

SnapCrab_Eye-Fi Center 34 のセットアップ_2012-12-8_9-57-17_No-00

デフォルトで、インストールして、下図のような画面が表示されるとインストールが完了です。

SnapCrab_Eye-Fi Helper:ファイヤーウォール設定_2012-12-8_9-58-56_No-00

インストールが完了後、Eye-Fiアカウントを作成します。

SnapCrab_Eye-Fi Center_2012-12-8_9-59-28_No-00

写真と動画の送信先を選択する画面が表示されますが、その際に「自分のモバイル端末(iOS/Android)」を選択します。

SnapCrab_Eye-Fi Center_2012-12-8_10-2-7_No-00

今回のモバイル端末は、「Android」を選択します。

SnapCrab_Eye-Fi Center_2012-12-8_10-2-31_No-00

次の画面が表示されたら、Android端末で、QRコードを読んで、アプリをインストールします。

QRコードの読み取りですが、フロントカメラしかない、10インチタブレットの「Acer ICONIA TAB A200」では、中々至難の業でした。

SnapCrab_Eye-Fi Center_2012-12-8_10-10-17_No-00

QRコードを読みとったら、アプリをインストールします。

SnapCrab_Eye-Fi Center_2012-12-8_10-17-8_No-00

その後の、作業は、上の図のように、あっさり書かれてしまっています。

では、後は、Android端末での作業で、アプリをインストールします。

2012-12-08 10.10.27

インストール後、ログインを選択します。

2012-12-08 10.11.44.fw

Eye-Fiアカウントでログインします。

2012-12-08 10.12.22.fw

ログイン後、画面下部の赤丸部分をタップし、メニューを表示します。

2012-12-08 13.22.45.fw

メニューから「設定」を選択し、設定画面を表示します。

2012-12-08 10.57.50.fw

設定画面が開くと「Eye-Fiカード設定」を選択します。

2012-12-08 13.22.56.fw

Eye-Fiカード設定画面で、「Eye-Fiカード」を選択し、ペアリングを行います。

2012-12-08 11.00.39.fw

Eye-Fiカードを選択後、さらに「Eye-Fiカード」を選択し、ペアリングを行います。

2012-12-08 13.31.19.fw

今回の設定は、Androidタブレットなので、RAWファイルはチェックを外しておきます。

2012-12-08 13.31.36.fw

以上で、設定は完了です。

後は、Eye-Fiカードをカメラに入れて、撮影をします。

カメラで撮影すると、自動的に、Android端末で受信出来ているのが分かります。

2012-12-08 11.12.17.fw

で、撮影して、Androidで見た写真がこれです。

2012-12-08 11.09.37.fw

とりあえず、これで一眼レフで撮影した写真をAndroid4.0の10インチタブレットの「Acer ICONIA TAB A200」でソク見られるように設定が完了しました。

撮った写真を皆で見るときには、イイ感じです。

次は、ブログ用のPCへの連携を考えましょう。