このブログでは、商品の紹介などに、商品リンク管理プラグインのRinker(リンカー)を使わせて頂いております。

例えば、レッツノート CF-S10にメモリを増設した時の記事だったら、こんな感じ。

s-001_011520_124301_PM

まあ、この弱小ブログで発生する売上なんて、実際には、ほぼゼロだったりしますが、折角このブログの記事を読んで頂いた方には、なるべく自分が使ったおすすめの商品を提案したいってなもんです。

こんな感じで、便利に使わせて頂いております、Rinker(リンカー)なんですが、ちょっとエラーが発生しちゃいました。

便利な機能が、急に使えなくなるってのは不都合なモンなんですよね。まったく。

ってことで、今回のお題は「WordPressの商品リンク管理プラグインRinkerで「リクエスト回数が多すぎます。TooManyRequests」のエラーが発生した時の対処方法について」です。

Rinkerで商品の検索が出来ない?

Rinkerを便利に使っていた矢先、商品検索をしたところ、こんなエラーが発生しちゃいました。

s-002_011520_124316_PM

エラーの文言は、「【エラー】リクエスト回数が多すぎます。TooManyRequests」ってことでした。

PA-APIのアクセス権を失った?その理由は?

このエラー、調べて見るとAmazon側の2019年1月23日の「Product Advertising API 利用ポリシーの変更について」で、

2019年01月23日以降、過去30日以内のPA-API経由の売上実績(発送済み商品売上)がない場合、PA-APIへのアクセスができなくなる可能性がございます。

って書かれており、過去30日以内に売上がなかったため、PA-APIのアクセス権を失ったことが原因のようです。

この「Product Advertising API 利用ポリシーの変更について」のページのFAQには、

過去30日内に売上実績がなかったためにPA-APIへのアクセス権を失った場合でも、Amazonアソシエイト・プログラムの他のサービス(アソシエイト・ツールバーなど)は引き続きご利用いただけます。PA-APIへのアクセスは売上実績が発生することで再びご利用いただけるようになります。

そう言えば、Rinkerの設定で、「もしもリンク優先ショップ」でAmazonのチェックを入れていたので、Amazonの売上は全てもしもアフィリエイト経由になっていて、Amazonの売上になっていなかったことで、PA-APIのアクセス権を失ったようです。

さて、その対処方法は?

原因が分かったところで、その対処方法ですが、AmazonのPA-API経由で売り上げる、PA-APIのアクセス権が復活するまで、Amazonへのアクセスは控える、ってことで大丈夫なようです。

まずは、AmazonのPA-API経由で売り上げる設定ですが、Rinkerの設定で「もしもアフィリエイト設定」の「もしもリンク優先ショップ」から「Kindle」と「Amazon」のチェックを外して、Amazon優先にします。

s-004_011520_124330_PM

次に、Amazonへのアクセスは控えるっていう意味で、Rinkerの設定で「基本設定」の「商品情報の再取得」で「再取得をしない」をチェックします。

s-003_011520_124349_PM

これで、設定は完了です。後は、AmazonのPA-API経由の売上を待つばかりです。

最後に

PA-APIのアクセス権が復活するまでは、上記の設定の上、手動で商品リンクを設定する必要があるのが、ちょっと面倒ではあります。

人によって違うと思いますが、Amazonの売上が発生すると、アクセス権が復活するので、設定を元に戻して、存分にRinkerをお楽しみ下さい。

私の場合は、もう復活しちゃいました。

こんな便利なRinkerには、感謝しかありませんよ。ありがたく使わせて頂いておりますです。