今使用中のWordPressのバージョンを5.2.4から5.3にバージョンアップしようとしたところ、お題のように「別の更新が現在進行中です。」というメッセージが表示されたままになって、バージョンアップが中断されました。

結果、すぐに対処出来たので、とりあえず一安心。

まあ、朝一でこんなメッセージを見ると、ついつい焦っちゃいました。

なので、本日のお題は、『WordPressの更新で「別の更新が現在進行中です。」が表示されて中断された場合の対処方法について。』です。

WordPressのバージョン5.3の日本語版がリリース

今朝、WordPressの管理画面にアクセスしたところ、黒くなっているヘッダー部分に更新情報が表示されていました。

いつのもことで、プライグインの更新かな?と思いつつ「回転矢印」?をクリックすると、「WordPress の新しいバージョンがあります。」とのこと。

s-001_111319_105109_AM

確認すると、WordPressのバージョン5.3の日本語版がリリースされたとのこと。それと、もう1つプラグインの新しいバージョンがあるとのことでした。

いちおう、サーバー側で毎晩バックアップはとっているので、ここは躊躇せずに「今すぐ更新」ボタンをクリックしました。

s-002_111319_105129_AM

すると、あらら…。

「別の更新が現在進行中です。」で更新が中断

すると、バージョンアップ処理がスタートしたものの、少し遅い感じ。

しばらく待っていると、「別の更新が現在進行中です。」という文字がポツンと表示されて、固まってしまったようです。

s-003_111319_105141_AM

ちょっと焦って、対象のブログにアクセスすると問題がない感じ。

改めて、恐る恐るダッシュボードにアクセスしてみたけど、こちらもちょっと遅い感じはしますが、特に問題ない状態。

で、色々調べてみたという次第です。

「別の更新が現在進行中です。」の対処方法

ググってみると、ちょっと古い記事がヒットして、対処方法が書いてありました。

その回答には、

It is an automatic lock to prevent simultaneous core updates. It will be gone after 15 minutes. If you don’t want to wait, delete the record from options table – usually wp_options.

Since WordPress 4.5:
option_name = ‘core_updater.lock’

If you have an older installation (before WordPress 4.5):
option_name = ‘core_updater’

と、ありました。

Google先生にお願いして翻訳してみたところ、

コアプログラムの同時更新を防ぐために自動ロックをしている。15分後に消えます。もし、待ちたくない場合は、オプションテーブル(通常はwp_options)からレコードを削除します。

WordPressのバージョン4.5以降の場合は、
option_name = ‘core_updater.lock’

WordPressのバージョン4.5より前の古いバージョンの場合は、
option_name = ‘core_updater’

私の場合は、色々と調べたり、別のことをしてたりした後に、再挑戦したら、なんなく更新が完了してしまいました。

で、MySQLにアクセスして「wp_options」のレコードを確認してみたところ、option_name が「core_updater.lock」をいうレコードは発見できなかったので、レコード削除の対象方法は確認出来ずじまいでした。

最後に

後で確認してみたところ、ちょうどその時、最近導入した「BackWPup」ってバックアップ用のプラグインのバックアップ処理が走っていたようです。

その影響で、サーバー処理が極端に遅くなって、コアプログラムの同時更新って判断されたのかな?って感じで思っていますが、ここはあんまり追求しても…。

もし、また、この現象に遭遇したら、レコード削除を試してみようかなってなココロです。

それよりも、まずは「BackWPup」ってバックアップ用のプラグインの設定をちゃんとしないとね。

「BackWPup」には罪はないですからね。