レッツノート CF-S10のメモリを増設しました

昨年の2011年7月に購入にしたパナソニックのレッツノートCF-S10。

最近、AdobeのPhotoshopなどの重量級のアプリケーションを立ち上げる機会が何故か多くなったので、SSDの交換のついでに、メモリも増設しちゃいました。

SSDへの換装もしましたので、是非、ここ「レッツノート CF-S10のHDDをSSDに換装しました」も併せてご覧下さい。

購入したメモリはこちらです。

スポンサードリンク

では、更新手順を振り返ってみます。

一応、作業前のレッツノートの状況です。

SnapCrab_システム_2012-11-3_9-59-46_No-00

メモリが4.00GBで、「Windows エクスペリエンス インデックス」のスコアは4.4でした。

SnapCrab_パフォーマンスの情報とツール_2012-11-3_9-57-2_No-00

詳細の「Windows エクスペリエンス インデックス」は、こんな感じです。

とりあえず、作業前の記念撮影です。

DSC_0088

一応、下図の赤角丸部分のバッテリーを外しましょう。ここは、ドライバーは不要です。

DSC_0097.fw

次に、下図の赤角丸部分のふたを外します。ここは、小さめのプラスドライバーを使いました。

DSC_0098.fw

ふたを外した赤角丸部分にいよいよ、メモリの挿入です。

DSC_0100.fw

メモリの挿入は、ソケットに対して金属端子が見えなくなるまで、スロットと並行にしっかりと差し込みます。

DSC_0108

こんな感じです。根本までしっかり差し込んだら、左右のフックに収まるまでしっかりと倒します。

DSC_0112.fw

後は、ふたをして、バッテリーを着ければ、作業完了です。

さて、その後のWindowsの状況を確認してみましょう。

SnapCrab_システム_2012-11-3_11-5-4_No-00

実装メモリが8.00GBに増えているのが確認できます。

SnapCrab_パフォーマンスの情報とツール_2012-11-3_11-2-46_No-00.fw

さらに、詳細スペックのメモリのサブスコアが5.9から7.4に上がりました。

これで、PhotoshopとFireworksをDreamweaverを同時に立ち上げても、ディスクがカリカリいわなくなりました。

続いて、本命のSSDの換装です。

是非、ここ「レッツノート CF-S10のHDDをSSDに換装しました」も併せてご覧下さい。