レッツノート CF-S10のHDDをSSDに換装しました昨年の2011年7月に購入にしたパナソニックのレッツノートCF-S10。

最近、起動もそうですが、シャットアウト時や他の作業時にも、かなり時間がかかるようになってきたので、メモリの増設と一緒にHDDをSSDに換装しちゃいました。

メモリの増設もしましたので、是非、ここ「レッツノート CF-S10のメモリを増設しました(2回目 合計12GBへ)」も併せてご覧下さい。

と、いうことで、購入したSSDはこちらです。
って、書いてましたけど、今は、この製品に乗り換えちゃっています。ムチャクチャ安定して1TBで運用しています。少しウルサめなのと、熱っぽいかも。

一応、作業前のレッツノートの状況です。

SnapCrab_パフォーマンスの情報とツール_2012-11-3_11-2-46_No-00

メモリを8GBに増設した後なので、「Windows エクスペリエンス インデックス」のスコアは5.4でした。

とりあえず、作業前の記念撮影です。

DSC_0114.fw

製品の中身は、こんな感じです。

DSC_0117.fw

SSDそのものは、こんな感じ。結構オシャレで、カッコイイ。

DSC_0120.fw

どうせPCの中に入るのに…。見えない所に気を遣うのが、オシャレの極意ってやつでしょうか?

作業的には、まずは、下図の赤角丸部分のバッテリーを外しましょう。ここは、ドライバーは不要です。

DSC_0124.fw

次に、下図の赤丸部分のネジを外します。ここは、小さめのプラスドライバーを使いました。

DSC_0125.fw

ネジを外したら、下のふた部分を外します。

DSC_0130.fw

こんな感じ。

DSC_0131.fw

ふたを外したら、ビニールテープのベロみたいなのを引っ張って、ハードディスクを出します。

DSC_0136.fw

引っ張り出したら、コネクタを外して、ハードディスクを取り出します。

DSC_0141.fw

取り出したHDDをSSDは、こんな感じ。

DSC_0143.fw

それでは、コネクタに新しいSSDを接続して、PCへ挿入します。

DSC_0146.fw

後は、ふたを付けて、バッテリーをつけて、元にもどしましょう。

続いてBIOSの設定です。

スポンサードリンク

レッツノートは、普段は電源がオフになって、使用時にオンにるる仕様になっていますので、リカバリDVDからの起動のために、光学ドライブ電源の項目をBIOSで「オン」にします。
ここが「オフ」になっているとリカバリDVDからブートしてくれません。
私は、ここでプチハマりしました。

DSC_0152.fw

後は、リカバリDVDから起動すれば、リカバリが完了します。
SSDへの換装で、しばらくは、その早さにビックリしてみてください。

換装後、「プライマリ ハードディスク」のサブスコアが7.7に跳ね上がりました。

SnapCrab_パフォーマンスの情報とツール_2012-11-4_13-43-41_No-00

下が換装前のCrystalDiskMarkでの値です。

SnapCrab_CrystalDiskMark 302 x64_2012-11-3_12-32-8_No-00

次に下が換装後のCrystalDiskMarkでの値です。

SnapCrab_CrystalDiskMark 302 x64_2012-11-4_13-51-6_No-00

もっともっと早くなるみたいですが、この数値で大満足です。

こんなことなら、早くやれば良かった気がします。

メモリの増設もしましたので、是非、ここ「レッツノート CF-S10のメモリを増設しました」も併せてご覧下さい。