スマホネタ書くの久々です。

新しく手にした機種は、「Galaxy Note10+」(SC-01M)。

機種変後、1ヶ月以上弄り倒して、予約購入特典の「Galaxy Buds」も手元に届いたところで、そろそろ「Galaxy Note10+」関連の記事でも書こうかなってな気分が盛り上がっちゃいました。

と、言うことで、これまのでスマホ遍歴を振り返りつつ、「Galaxy Note10+」への思いを馳せたいと思ってる次第です。

「Galaxy Note8」(SC-01K)も良い機種でした

今回の機種変ですが、この前の「Galaxy Note8」に不満があったかと言えば、まったく不満はありませんでした。

そうは言えども、「Galaxy Note8」に機種変してから、約2年(ちょっと弱だけど)。新製品の動向に心が揺らいじゃいました。

それと、もう1つのきっかけが、予約購入特典で完全ワイヤレスイヤホンの「Galaxy Buds」が、もれなく頂けるってことで、ちょっと軽めの腰が、ふわっと浮いちゃいました。まんまとサムソンの術中に嵌まった感じ。

ちなみに、特典の完全ワイヤレスイヤホンの「Galaxy Buds」に関しては、別の記事に書く予定です。

created by Rinker
by Galaxy
¥15,782 (2020/05/30 23:00:12時点 Amazon調べ-詳細)

私を通り過ぎたスマホたち

そう、スマホを初めて手にしたのは、2011年9月、今はなきNECのスマートフォンブランドのMEDIASシリーズの「MEDIAS WP N-06C」でした。

このスマホ、「Galaxy Note10+」と同じく、薄さ7.9mm。しかも、オシャレ家電のamadanaとのコラボ製品で、皮ケース同梱だったりしました。

しかし、FOMAってこともあり遅かったので、僅か約6ヶ月強で同じNECの「MEDIAS LTE N-04D」に乗り換えちゃいました。

で、2012年3月から使いはじめた「MEDIAS LTE N-04D」ですが、当時の次世代通信Xi(クロッシイ)対応で、速くはなったものの、電池の持ちの悪さと、画面の暗さに悩まされた記憶があります。

これも、1年2ヶ月ほど使って2年持たずに、機種変しちゃいました。

次の3台目のスマホが、ドコモのツートップとして持ち上げられた「GALAXY S4」(SC-04E) でした。この機種は、画面がキレイで大きく、ほぼ不満を感じない状態で、2013年5月に機種変して以来、初めて2年以上(2年5ヶ月)使用した、ある意味一番思い出深い機種でした。

この「GALAXY S4」から、画面保護フィルムを使わずに、手帳タイプのメーカー純正カバーを使用するスタイルになっちゃいました。

「GALAXY S4」を2年半程使用した後、いよいよ4G、4K時代の到来ってことで、2015年11月にソニーの「Xperia Z5 Premium」(SO-03H)に機種変しちゃいました。

「Xperia Z5 Premium」は、大きくてキレイな画面と、鏡の様なピカピカのキレイなボディで、満足度の高い機種でした。これも2年以上(2年1ヶ月)使用して、そこそこ満足感があるスマホでした。ただ唯一の不満があったとしたら、「GALAXY S4」に標準でついてた通話録音の機能がなかったこと。色々とアプリを試してみたものの、私の設定が悪かったのか、音量が微妙だったりシックリ来なかった記憶が。

でも、それは些細な理由で、結局「Xperia Z5 Premium」を手放した最大の理由は、2017年9月に「Galaxy Note8」(SC-01K)がデビューしたってのが真相だったりします。

「Galaxy Note8」(SC-01K)について

この「Galaxy Note8」ですが、2014年10月に発売された「GALAXY Note Edge」(SC-01G)以来、約3年の時を経ての新「Galaxy Note」で、当時手書き入力が出来てポケットに入る、唯一(ドコモ前提ね)のファブレットとして最高の機種が2017年9月に発売が開始されました。

で、私は、人生で最長の2年5ヶ月間使用した「Xperia Z5 Premium」を手放し、2017年10月、この「Galaxy Note8」に機種変しちゃいました。

「Galaxy Note8」のサイコーでした。特に、防水機能とあいまって、雨天時の野外調査の野帳としては、絶大な威力を発揮しました。

その後、2018年10月に発売された「Galaxy Note9」(SC-01L)に心が揺らいだものの、 「Galaxy Note8」に機種変して1年足らずってことで、ぐっと我慢したもでした。

created by Rinker
by Galaxy
¥7,670 (2020/05/30 10:50:49時点 Amazon調べ-詳細)

いよいよ「Galaxy Note10+ 」(SC-01M)

そんなこんなで、いよいよ2019年10月に「Galaxy Note10+ 」(SC-01M)がデビューしました。

2019年10月時点で「Galaxy Note8」の機種変更から1年と10ヶ月弱しか経っておらず、まだ「Galaxy Note8」の支払が残っている状態でしたが、ちょうど新しい完全ワイヤレスイヤホンが欲しかった時期とも重なって、「Galaxy Note10+をご予約&ご購入&WEB応募された方全員にワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」をもれなくプレゼント!」のエサに、まんまと釣られちゃいました。

で、肝心の「Galaxy Note10+ 」ですが、購入から1ヶ月半程たち、いい感じで馴染んでいます。

詳細の機能に関しては、別途の記事にするとして、「Galaxy Note8」よりも薄くなって、画面も大きくなって、めちゃくちゃ満足度は高いです。

厚さを比べるとこんな感じです。(左が「Galaxy Note10+ 」で、右が「Galaxy Note8」です)

s-DSC01892_121019_030946_PM

本体だけでも、8.6mmから7.9mmに0.7mm減ってます。

しかし、写真は取り損なっていますが、愛用の純正の「Clear View Cover」も薄くなっているので、薄さはかなり実感出来ています。

画面の大きさ、キレイさは相変わらずで、純正の「Clear View Cover」を付けたらこんな感じ。

s-DSC01912_121019_031525_PM

純正の「Clear View Cover」を閉じても、時刻や情報は分かるようになっています。

s-DSC01919_121019_031638_PM

いい感じでしょ。

最後に

とりあえず、5Gが普及するまでは、安心して使えそうです。

色々と分かってきて、予約購入特典の「Galaxy Buds」も手元に届いたところで、そろそろ弄くり倒してみよっかなって感じです。

是非、純正のカバーと合わせて、機種変してはいかがでしょうか?