以前に、Excel2007でリボンが採用されたときに、初期設定では「開発タブ」が表示されていなかったので、開発タブの表示方法を記事にしました。

Excel 2007で、マクロ関係の[開発]タブをリボン表示する方法

その時は、Excelのバージョンは2007でした。

しかし、その後、時は流れExcelのバージョンは、2007、2010、2013、2016、2019、そして今自分が使っているサブスクリプション版に至っています。

すっかり、リボンUIにも慣れたものの、「開発タブ」は初期表示されずじまい。

ってことで、今回のお題は、「ExcelやWordで開発タブ(マクロ、VBA、VBE関連)をリボンに表示する方法について。」です。

Excelで開発タブを表示させる手順

Excelを起動して左側のメニューで「オプション」を選択します。

s-001_112819_120321_PM

既にシートを開いている状態だと、「ファイル」メニューを選択することで、上記の画面を表示することが出来ます。

s-002_112819_120341_PM

「Excelのオプション」ダイアログが表示されたところで、左側のメニューから「リボンのユーザー設定」をクリックします。

s-003_112819_120359_PM

「リボンのユーザー設定」が表示されたところで、右側の「メイン タブ」のエリアの「開発」の右側にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

s-004_112819_120412_PM

s-005_112819_120434_PM

これで、「開発タブ」が表示されるようになります。

s-006_112819_120521_PM

Wordで開発タブを表示させる手順

WordもExcelと全く同じ操作になります。

Wordを起動して左側のメニューで「オプション」を選択します。

既に文書が開いている状態だと、「ファイル」メニューを選択することで、上記の画面を表示することが出来ます。

「Excelのオプション」ダイアログが表示されたところで、左側のメニューから「リボンのユーザー設定」をクリックします。

「リボンのユーザー設定」が表示されたところで、右側の「メイン タブ」のエリアの「開発」の右側にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。

s-007_112819_120707_PM

これで、「開発タブ」が表示されるようになります。

s-008_112819_120722_PM

最後に

ちなみに、今回のExcelとWordのは、サブスクリプション製品のMicrosoft Office 356 Businessで、バージョンは16なので、2019ってことになります。

Excel2016でも、全く同様の操作になるかと思います。

若干の違いはあれど、リボンUIが採用されたExcel2007以降は、ほぼ同じ操作で対応かのうかと。

最初っから、デフォルト表示されてもいいと思うんですが、あんまり需要がないのかな?