久々に以前作ったAccessのプログラムを起動したところ、「このプロジェクトのコードは、64ビットシステムで使用するために更新する必要があります。Declareステートメントの確認および更新を行い、次にDeclareステートメントに PtrSafe 属性を設定してください。」なんて、メッセージボックスが表示されて、VBAがストップしちゃいました。

まあ、この手のアクシデントなんですが、前に書いた記事をチラ見すれば、一発で解決のはずです。

「このプロジェクトのコードは、64ビットシステムで使用するために更新する必要があります。Declareステートメントの確認および更新を行い、次にDeclareステートメントに PtrSafe 属性を設定してください。」が表示されVBAが動かない場合の対処方法について。

が、しかし、それ以外にも問題が発生!

本来ならここで、その問題を一つずつ潰して行けばいいんでしょうが、ちょっと面倒になっちゃいました。

とりあえず、Officeを64bitから32bitに変えればいいんじゃね~。ってこと。

ってことで、今回のお題は「昔作ったVBAを動かすために Office 365 Business (改めMicrosoft 365 Apps for enterprise)を64bit版から32bit版に再インストールし直す方法について。」です。

Office 365 Business (改めMicrosoft 365 Apps for enterprise)に関して

私が契約しているのは「Office 365 Business」なんですが、2020年4月22日に「Microsoft 365 Apps for enterprise」って名前になっちゃいました。機能的にもアップしたのかも。

それから、いつの間にか64bit版が標準でインストールされるようになったみたいです。

まあ、本題とは関係ない、どうでもいいお話しなんですけどね。

64bit版の問題について

Officeなんですが、大きなデータが扱えたりするので、本来は64bit版を運用する方がいいのでしょうが、問題は過去に作り込んだVBAが動作しなくなっちゃうってこと。

ちなみに、Windows10の場合は、Officeは64bitが推奨のようです。

まあ、いずれは動かないVBAは、直さなければならないんでしょうが、色々あって、ちょっと面倒。

じゃあ、問題があるAccessだけ32bit版にすればいいんじゃね~、って思いたいところですが、Office 365の場合、単体での32bit化は出来ないってサポートセンターからの冷たいお言葉。

じゃあ、Office 365全体を32bit版にするしかないんじゃね~ってことで、一旦インストール済みのOffice 365の64bit版をアンインストールしてからOffice 365の32bit版をインストールしようって感じです。

Office 365 Business (改めMicrosoft 365 Apps for enterprise) 32bit版のインストール方法

まずは、既にインストール済みの64bit版をアンインストールします。

64bit版のアンインストールが完了したら、Office 365のページにアクセスし、「マイ アカウント」を開きます。

「マイ アカウント」が開いたら、「アプリとデバイスを表示」をクリックします。

s-001_050520_104842_PM

「アプリとデバイスを表示」が開いたら、バージョンを「32bit」にし、「Officeのインストール」をクリックします。

s-002_050520_104914_PM

後は、画面の指示に従ってインストールしていきます。

Office 365 Business (改めMicrosoft 365 Apps for enterprise) 32bit版の確認方法

インストールが完了したら、Officeアプリを起動します。起動するアプリは、何でも良いですが、今回は、Excelで確認します。

Excelを開いたら、「アカウント」をクリックします。

s-003_050520_105000_PM

「アカウント」が開いたら、「Excelのバージョン情報」をクリックします。

s-004_050520_105112_PM

「バージョン情報」の画面が開いたら、32bitであることを確認します。

s-005_050520_105129_PM

32bitが確認出来たら、インストールが完了って感じです。

最後に

今回は、以前に作った32bit版のVBAが動かない時の対応で、64bit版のOfficeを32bitのOfficeにダウングレードするって、消極的な対応をしてみました。

ただ、今後インストールされるOfficeは全て64bitになるでしょうし、近いうちに32bit版のOfficeは少なくなっていくことでしょう。

いずれ、どっかのタイミングでVBAを64bit化させる必要があるでしょうね。

それまでの逃げの一手として、是非今回の方法をお試し下さい。