以前に登録していた、Googleウェブマスターツールを久々に見たところ、サイトマップの項目に「このサイトのサイトマップが見つかりませんでした。」との表示がありました。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-10-34_No-00

なので、ここで、Googleウェブマスターツールへサイトマップを登録するためのプラグイン「Google XML Sitemaps」を設定してみました。

まずは、いつものように「プラグイン」から「新規追加」で「Google XML Sitemaps」を検索しましょう。
すると、「Google XML Sitemaps」がヒットすると思いますので、早速「インストール」して、続けて「有効化」しましょう。

有効にすると、下図のように管理画面の「設定」の一番したの方に「XML-Sitemap」が表示されていますので、ここから設定開始です。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-17-53_No-00

設定ポイントは、手動でrobots.txtを設定しているので、下図の「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加」のチェックを外しただけです。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-29-11_No-00

この状態で下図の画面一番下の「設定を更新」をクリックします。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-33-46_No-00

「http://ドメイン/sitemap.xml」にアクセスしてみて「sitemap.xml」が正常に表示されるかを確認しましょう。
こんな感じです。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-41-51_No-00

では、Googleウェブマスターツールで、作成したサイトマップをテストしてみましょう。
Googleウェブマスターツールのサイトマップの「最適化」→「サイトマップ」画面の右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリックして、サイトマップのテストをします。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-44-11_No-00

「サイトマップをテスト」ボタンをクリックした後で、下図の画面が表示されたら、テスト完了です。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-48-54_No-00

つづいて、サイトマップを送信しましょう。
改めて、「最適化」→「サイトマップ」画面の右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリックして、サイトマップの送信をしましょう。下図の「サイトマップ送信」ボタンをクリックします。
送信が完了すると下図のような画面が表示されますので、「ページを更新する」をクリックして、ページを更新します。

SnapCrab_NoName_2012-9-12_10-52-46_No-00

正しく、ページが更新されたら、作業は完了です。

では、果報は寝て待ちましょう。