この前から、こんな記事を書いて、外出先からも「スマホdeひかり電話(AGEphone)」を使おうとして、NTTフレッツ光(ドコモ光)のルーター(PR-400NE)にVPNサーバーを構築したりしている、ふーたらです。

NTTフレッツ光(ドコモ光)のルーター(PR-400NE)でVPNサーバーを設定しました。

Galaxy Note10+から自宅にVPNで繋いで外出先からも「スマホdeひかり電話(AGEphone)」を使う方法。

そんなこんなで、折角VPNサーバーを立てたので、Windows10のPCとのかも接続したいってのが、人の常ってもんです。

で、今回のお題は、「Windows10から自宅NTTフレッツ光(ドコモ光)のルーター(PR-400NE)のVPNサーバーに接続する方法。」についてです。

Windows10の設定をする前に、VPNサーバーの立ち上げとか色々とあると思いますが、前の記事に書いてあるので、そちらも読んでみて下さい。

Windows10の設定

と、いうことでいきなりWindows10の設定に関してです。

「Windows の設定」画面を起動して、「ネットワークとインターネット」をクリックします。

s-001_022420_100601_PM

「ネットワークとインターネット」が開いたら、右側のメニュー部分の「VPN」をクリックします。

s-002_022420_100629_PM

「VPN」が開いたら、「VPN接続を追加する」をクリックします。

s-003_022420_100655_PM

「VPN接続を追加」が開いたら、以下の情報を入力します。

  • VPNプロバイダー:「Windows (ビルトイン)」
  • 接続名:(分かり易い名前)
  • サーバー名またはアドレス:(VPNサーバーのアドレス)
  • VPNの種類:「事前共有キーを使った L2TP/IPsec」
  • 事前共有キー:(VPNサーバー設定時に表示されたもの)
  • サインイン情報の種類:「ユーザー名とパスワード」
  • ユーザー名 (オプション):(VPNサーバー設定時に登録したの)
  • パスワード (オプション):(VPNサーバー設定時に登録したの)

ほとんどの項目に関しては、ルーター(PR-400NE)側の設定時にメモしていると思いますので、メモしたものを入力して下さい。

s-004_022420_100711_PM

こんな感じに入力して、「保存」ボタンをクリックします。

保存後、VPNの追加を確認したら、右側の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

s-005_022420_100816_PM

「ネットワーク接続」の画面が開いたら、今回追加したVPNが追加されていますので、追加されたVPNを選択して、右クリックして「プロパティ」を開きます。

s-006_022420_100840_PM

「プロパティ」が開いたら、「セキュリティ」タブを開き、「次のプロトコルを許可する」をチェックした後、「チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP)」をチェックします。

s-007_022420_100910_PM

チャックしたら、「OK」ボタンをクリックして、プロパティの画面を閉じて、「VPN」に戻って、追加されたVPNを選択して「接続」をクリックします。

s-008_022420_100936_PM

ステータスが下の図のように「接続済み」になったら接続完了です。

s-009_022420_101003_PM

最後に

「接続済み」にさえなってしまえば、こっちのものです。

後は、ローカル接続と全く同じ感覚で使えます。

イントラ(死語?)のシステムを使うのも良し、ネットワークドライブを普通に使うのもよし、リモートデスクトップを使うのもよしって感じです。

ちなみに、もし「PPP リンク制御プロトコルを終了しました。」ってエラーが出てVPN接続が出来ない場合は、「チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP)」のチェックが漏れている可能性がありますので、今一度、アダプターのプロパティをご確認下さい。

NTTフレッツ光(ドコモ光)のルーター(PR-400NE)でVPNサーバーを設定しました。

Galaxy Note10+から自宅にVPNで繋いで外出先からも「スマホdeひかり電話(AGEphone)」を使う方法。