久々に触ったWindows Server 2012 R2。このWindows Server 2012 R2は、自分の開発にしか使用しないものです。

ですが、最近セキュリティ要件がどんどん厳しくなってまして。

パスワードも、昔気質の単純明快なものは、許して頂け無くなっています。

本来は、きっちりとセキュリティ要件に見合った複雑なパスワードを設けなければならないことは、重々承知の上です。

しかしながら、今回は使い捨ての開発用ってこと前提でWindows Server 2012 R2の「パスワードのポリシー」の設定方法(ゆるくする)の備忘録です。

設定手順

スタートメニューから「管理ツール」を選択します。

1-1_090919_072125_PM

「管理ツール」の一番下の「ローカル セキュリティ ポリシー」を選択します。

スクリーンショット_090919_072426_PM

「ローカル セキュリティ ポリシー」の右側の「セキュリティの設定」→「アカウント ポリシー」→「パスワードのポリシー」を選択し、「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」を選択します。

スクリーンショット_090919_073321_PM

開いた「複雑さの要件を満たす必要があるパスワードのプロパティ」で「無効」を選択し「適用」ボタンをクリックします。

スクリーンショット_090919_073710_PM

これで、単純なパスワードでもOKです。

ついでに、パスワードの有効期間を無期限にしましょう。

「ローカル セキュリティ ポリシー」の右側の「セキュリティの設定」→「アカウント ポリシー」→「パスワードのポリシー」を選択し、「パスワードの有効期間」を選択します。

スクリーンショット_090919_074112_PM

「パスワードの有効期間」を「0」日に設定し「適用」ボタンをクリックします。

スクリーンショット_090919_074237_PM

これで、作業は完了です。

最後に

以上で、Windows Server 2012 R2のパスワードを単純化し、有効期間を無期限にすることが出来ました。

ただ、これでパスワードの脆弱性は圧倒的に増えますので、重々承知の上でお試し下さい。