いつのまにやらインストールされて、PCの起動時に勝手に立ち上がる「Microsoft Teams」。

この「Microsoft Teams」、Office 365 Business Premiumで提供されるチャットなどが出来るツールのようです。

その「Microsoft Teams」には、無料版って言うのがあって、どうもOffice 365 Businessのユーザーにも勝手に無料版がインストールされてしまうようです。

さらに、うざいのが、PCの起動時に毎回勝手に立ち上がるってこと。

こんな感じで。

スクリーンショット_091019_060923_PM

PCを起動したら、まずは「Microsoft Teams」をシャットダウンするってのがルーチンになってしまします。

ってことで、この「Microsoft Teams」をアンインストールしようと思っても、普通にアンインストールしただけでは、次回のPC起動時に再インストールされてしまう次第です。

なので、今回のお題は、このうざい「Microsoft Teams」の自動起動を止める方法と完全にアンインストールする方法についてです。

自動起動をさせない一番簡単な方法

まずは、自動起動をしないようにする一番簡単な方法についてです。

その方法は、「タスク マネージャー」から行います。「タスク マネージャー」を起動しましょう。

スクリーンショット_091019_062536_PM

「タスク マネージャー」を起動したら、「スタートアップ」タブを選択します。

「スタートアップ」タブの中で「Microsoft Teams」を探して、右クリックをして「無効化」を選択します。

無題クリップ_091019_063249_PM

これで、スタートアップの無効化が完了です。

スクリーンショット_091019_063424_PM

以上が、手っ取り早く、一番簡単な方法です。

スポンサーリンク

自動起動をさせない、もう1つの方法

もう1つの方法ですが、こっちの方が正当かもです。懐に入る感じでね。

その方法ですが、まずは「Microsoft Teams」に、ご自分のマイクロソフトのアカウントでログインします。

「Microsoft Teams」が起動したら、右上のアカウントの部分をクリックして、メニューを表示しらた、「設定」を選択します。

無題クリップ_091019_064654_PM

「設定」画面が開いたら、デフォルトが下図のようになっていますので、「アプリケーションの自動起動」のチェックを外して「設定」画面を閉じます。

スクリーンショット_091019_064850_PM

以上で、設定は簡単です。

実は、この方法で、先ほどの「タスク マネージャー」を覗いてみましょう。

「タスク マネージャー」の「スタートアップ」から「Microsoft Teams」の行がなくなっていることが分かると思います。

アンインストールする方法

最後がアンインストールする方法です。

最後に書いたけど、最初っから、この方法でアンインストールすることをオススメします。

まずは、普通に「Microsoft Teams」をアンインストールします。

Windowsの設定から「アプリと機能」を開いて、「このリストを検索」の部分に「Teams」などと入れて、「Microsoft Teams」を表示させてから「アンインストール」ボタンをクリックします。

スクリーンショット_091019_065749_PM

ちなみに、ここで終わってしまうと、PCの再起動時にゾンビのように再インストールされて、無間地獄に陥っちゃいますので、引き続きその下に表示されている「Teams Machine-Wide Installer」をアンインストールしちゃって下さい。

スクリーンショット_091019_070057_PM

こんな感じで、すっきりしちゃいました。

スクリーンショット_091019_070200_PM

これで、2度とうざい「Microsoft Teams」の自動起動や自動インストールに煩わされることはありません。

最後に

以上が「Microsoft Teams」の自動起動を止める方法と、完全アンインストールの方法でした。

まあ、最初っから完全アンインストールすれば、それで済んじゃうことなんですけどね。

たあ、「Microsoft Teams」には罪はありません。「Microsoft Teams」を憎まずって感じですね。

本当は、きちんと使えば、使えるソフトなんでしょうけどね。残念。