普段は、色んなメールをGmailで送受信しているんですが、ここんところ、メール送信が出来なくなっちゃいました。

このGmailの送信エラーなんですが、世界規模で起きているようなので、しばらくは様子を見ようって感じです。

そんなこんなで、Gmailからの送信の代替として、Thunderbirdから送信してみたところ、HTMLでメールが送信されちゃいました。

テキスト形式でのメール送信が好みなので、これではマズいって感じで、改めてプレーンテキストでの送信の設定をしました。

ってことで、今回のお題は「Thunderbirdでプレーンテキスト形式でメールを送信する設定方法について。」って感じの備忘録です。

Thunderbirdの初期設定について

自分は古いタイプの人間なので、HTMLで装飾されたメールがなんか苦手だったりします。

以前は、「セキュリティーのリスクがあるので、HTML形式のメールは使わないように。」って話しだったような気がします。

しかし、最近のメールソフトって、初期値がHTML形式の送受信になっているようです。Thunderbirdも、しかりって感じです。

まあ、初期状態がそうなので、特にセキュリティーのリスクもないとは思いますが、今までプレーンテキストで来てたメールが、急にHTML形式のメールになるって言うのも、なんなんで、やっぱり、プレーンテキスト形式のメール送信にしようと思いました。

その設定ですが、2箇所、設定するところがあります。

「アカウント設定」からの設定について

まずは、アカウント側からの設定をします。

画面左側のアカウントを右クリックして「設定」をクリックします。

s-001_041420_072112_PM

開いた「アカウント設定」の「編集とアドレス入力」を選択して、「HTML 形式でメッセージを編集する」のチェックを外して、「OK」ボタンをクリックします。

s-002_041420_072133_PM

ここまでで、「アカウント設定」は完了です。

「オプション」からの設定について

次に、「オプション」からの設定をします。

画面右上の三本ラインの「メニューボタン」をクリックして、開いたメニューから「オプション」を選択します。

s-003_041420_072204_PM

開いた「オプション」から、さらに「オプション」をクリックします。

s-004_041420_072219_PM

「オプション」画面が開いたら、右下の「送信テキスト形式」をクリックします。

s-005_041420_072238_PM

開いた「送信テキスト形式」の場面で、「可能な限りプレーンテキストでメッセージを送信する」をチェックし、「プレーンテキストに変換して送信する」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

s-006_041420_072342_PM

ここまでが、「オプション」からの設定です。

最後に

2つの設定があるので、ちょっと面倒ですが、もしかしたら、「オプション」からの設定だけで大丈夫かもって気がします。

ただ、なんか昔っから「アカウント設定」からの設定もしてた気がするので、やっぱり、どちらもしとこうって感じです。

まあ、そのうちGmailが直ることを期待しつつ、ちょっとの間、Thunderbirdメインって感じですかね。