ちょっとしたヤボ用で、往年の名機YAMAHA RTX1000ってルーターの設定を確認する必要があったので、何気にThinkPad X1 CarbonのWindows10のコマンドプロンプトを開いて、「telnet」って入力したところ、こんな画面に。

s-001_042220_125405_PM

ありゃりゃ、Windows10は標準のままだとtelnetが使えないみたい。

ってことで、今回のお題は「Windows10で標準のTelnetコマンドを使えるようにする方法について。」です。

「Windowsの機能」からTelnetのインストールを行う

Windows10標準のTelnetをインストールするには、「Windowsの機能」を起動する必要があります。

「Windowsの機能」を起動するには、Windows10のスタートメニューをクリックすると、そのすぐ横に「ここに入力して検索」と言う部分が表示されるので、そこに「Windowsの機能」と入力するとメニュー一覧に「Windowsの機能の有効化または無効化」が表示されますので、「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックして、起動します。

この時、「ここに入力して検索」の部分に「OptionalFeatures.exe」と入力しても大丈夫です。

何れの場合も、全部入力しなくても、途中まで入力した段階で、「Windowsの機能の有効化または無効化」が表示されたら、それをクリックすればOKです。

こんな画面が開きます。

s-002_042220_125507_PM

「Windowsの機能」で、機能の中から「Telnet Client」を選択し、チェックします。

s-003_042220_125531_PM

後は、画面が勝手に進んで行きます。

s-004_042220_125544_PM

必要なファイルを検索して、

s-005_042220_125605_PM

変更を適用して、

s-006_042220_125623_PM

最終的に、「必要な変更が完了しました。」と表示されて、Telnetの設定が完了です。

後は、コマンドプロンプトで「telnet」って入力して、エラーが出なければOKです。

s-007_042220_125812_PM

「Windowsの機能」を起動する別の方法

ちなみに、「Windowsの機能」は別の方法でも起動することが出来ます。

例えば、コントロールパネルからや設定の画面からですね。

こちらの記事では、別の方法で「Windowsの機能」を起動していますので、こちらも是非ご参照下さい。

あやしいアプリやサイトを安全に試せるWindows Sandbox(サンドボックス)の使い方について。

Windows10で「コントロールパネル」を表示する方法と「設定」との違い。

最後に

と、まあ別に「Tera Term」とか「PuTTY」とかのターミナルソフトあれば、そっちの方が使いやすいんだけどね。

なんか、Telnetの反射的に、コマンドプロンプトに向かって「telnet」って入力する習慣になっている気がします。

まあ、最近はめったに使わないコマンドになっちゃったんだけどね。